オンラインストレージも時代のニーズに合わせどんどん進化しています

データは劣化する?オンラインストレージの重要性

データは劣化する?オンラインストレージの重要性 デジタルデータは劣化しないというのは常識ですが、本当にそうでしょうか。
確かにアナログなデータと違ってコピーでも変化しませんし、心配ないはずですが実際にはそうとも言えないのです。
それはストレージのエラーなどで部分的に読み取れないところが出てくることがあるからです。
部分的に欠けた状態になっているのならそれはデジタルでも劣化していると考えて良いでしょう。
それを防ぐにはバックアップを常時行い冗長性のあるシステムにしておくことが必要になります。
この冗長性のあるバックアップ体制にするのにオンラインストレージはとても有効なのです。
利用者は難しいことをすべてオンラインストレージのバックアップにバックアップをするようにするだけです。
オンラインストレージは通常利用者とは遠く離れた場所に物理的には存在していますので、災害などの影響も非常に受けにくくどちらも失う可能性は大変低くなっています。
そういう意味では自分でバックアップを管理するよりも安心です。
もちろん自分でもローカルにバックアップを残しておくことは可能ですので、必要に応じて行えばいいでしょう。
それとオンラインストレージを併用する事でより安心できるものとなります。

ファイルを長期保存するのに向いているオンラインストレージは

ファイルを長期保存するのに向いているオンラインストレージは オンラインストレージをバックアップ用途として使う場合ですが、有料サービスのストレージであれば長期保存が可能なものの、無料サービスのストレージの場合、数ヶ月程度の短期保存にとどめておいた方がいいでしょう。
というのは、無料のオンラインストレージの場合、いくつかの理由でアップロードしたファイルが削除されることがあるからです。
一番多い理由として挙げられるのは、長期間、具体的には半年や一年以上、ログインしなかったというものです。
無料サービスの場合、ユーザーにたくさんアクセスしてもらわないと利益を出すことができないので、ファイルを一度アップしたあと、まったくアクセスしてこなくなったユーザーは排除することがあるのです。
有料サービスであれば、利用料金をきちんと払い続けている限り、基本的にはユーザーがアップロードしたファイルを勝手に削除するようなことはありません。
そのため、何年でも保存しておけるのです。
ただ、規約に違反した内容のファイルは消されることがあるので注意しましょう。